7日目 その3
平成20年9月30日

山形地方気象台 最高気温21.7℃ 最低気温9.1℃ 曇り時々晴れ一時霧

カウンター

(廿三番札所〜廿四番札所)

10時15分 廿三番札所 六沢観音 円照寺を発つと、コルチカムがきれいに咲いてました。
綱木川に架かる大門橋を渡りました。
左に行きますと花笠音頭発祥の徳良湖がありました。
  玄関の前に板塀がありました。雪対策なのでしょうか。   たかが大根、されど大根 六沢大根 1本50円とは安いですね。
          立派な火の見櫓                  稲刈りが終わった田圃                  消雪自動制御盤
道の中央には水が出る穴が並んでました。雪が降っているときに見たいものです。
        玄関が二階でした。                     田圃から湯気が立ち上ってました。   
防雪シェルター  雪が激しく降ってくると、運転していて前が全く見えなくなるので雪を防ぐための装置とのことでした。
10時56分 下柳渡戸に来ました。
丹生川に架かっている下柳渡戸橋を渡りました。
流れている水はとてもきれいでした。
川の向こうで稲刈りが行われてました。 橋の袂には時代が分からない石柱がありました。
かじか(?)が泳いでました。 
11時6分 観音前のバス停がありました。 お寺さんはもうすぐでしょう。  たわわに実った田圃の黄金色は見事でした。 
11時13分 これより寺町なので近くでしょう。 消火栓がコンクリートで覆われてました。
11時17分 観音様の紅い幟が見えてきました。 曹洞宗 宝沢山 薬師寺に着きました。
大勢の方がお参りに見えてました。 私のように歩いてきている人は一人もいませんでした。
山門が鐘楼になってました。 ガラスの引き戸になってました。
観音堂にはお参りに見える人が次から次へと途絶えることがありませんでした。
南無薬師瑠璃光如来 天明九年十一世和尚云々と
境内から山門を眺めました。
ここにも湯殿山の大きな石がありました。
11時53分 山門、観音堂をお礼を述べて上の畑観音を発ちました。 上空には巻雲(Ci)が棚引いてました。