7日目 その1
平成20年9月30日

山形地方気象台 最高気温21.7℃ 最低気温9.1℃ 曇り時々晴れ一時霧

カウンター

(新庄駅〜廿二番札所)

6時35分 新庄の駅近くのホテルを出ると、一面に霧がたちこめていました。
新庄駅に下金沢町の「かぐや姫」が飾られてました。
豪雪でよく耳にします新庄の駅前から東京へ高速バスが乗り入れています。
7時00分発の仙台行きの急行バスに乗りました。定期で乗っている学生さんもいました。
ものすごい霧で前がほとんど見えない中、バスは走りました。
7時33分尾花沢バスターミナルに着くと、乗り換えでした。 ここには銀山温泉行きのバスも止まっていました。
7時48分 鶴子行きのバスで延沢に向かいました。
8時6分に延沢寺前に着き、バスを降りると龍護寺の山門が見えました。
                              山門は、尾花沢市の文化財に指定されていました。            
御詠歌が流れている中、新しい観世音菩薩の幟がたくさん並んで立てられている参道を歩いて、本堂に向かいました。
本堂の脇には新しい観音堂が建てられており、脇に鐘楼がありました。 
お地蔵さまをお参りすると、お地蔵様の御詠歌が掲げられていることに気付きました。
観音堂と本堂
お地蔵様の足下には子供がしがみついてました。納経所では、御住職さんの奥様にはとてもよくしていただきました。ありがとうございました。
檀家の方々と秩父札所廻りをなさったと話されておりました。
新しい観音堂にお礼を申し上げ、次のお寺さんに向かいました。
お参りを終えた頃、大勢の方々がお参りに見えました。
階段を下りた処で、後から小走りで見えた奥様から最上札所の御詠歌のテープをいただき、8時56分発ちました。