4日目 その2
平成20年9月16日

山形地方気象台 最高気温28.3℃ 最低気温17.6℃ 霧後晴れ一時曇り

カウンター

(十三札所〜十四番札所)

8時40分  フルーツライン左沢(あてらざわ)線 羽前長崎駅に着きました。
中山町観光マップ ながさき幼稚園 8時53分 案内書に出ている建物でした。
見渡す限り田圃でした。
この道を真っ直ぐ進んで行きました。 車1台通りません。誰一人通りませんでした。
田圃と果樹園でしょうか。
県営球場が遠くに見えました。楽天イーグルスの根拠地らしいです。
収穫間近の稲穂が黄金色に輝いていました。  所々にラフランスがたわわに実っていました。
台風がこないといいですね。山形はお米どころです。ご飯、お酒に焼酎、果物、野菜、みなどれも美味しいところです。 
来た道をこのガソリンスタンドで右に曲がり458号線を歩いて行きました。
左に曲がって豊田小を過ぎ、山を越えていくと、岩谷十八夜観音堂があります。
その近くに、昭和58年(1983)放送されたNHK連続テレビ小説
「おしん」さんの生があるとのことでした。
残念なことにこの時は知りませんでしたので、訪れることなく見ないでしまいました。

NHK連続テレビ小説「おしん」の少女編は毎朝見ていましたので、感慨深いものがあります。
9時20分 柏倉家住宅がありましたので寄りました。
岡柏の提灯がある立派な門構えをくぐりました。
             ↑              見事な建物です。 子どもたちの声がします。町探険の学習でしょうか。
庭には、手入れの行き届いた立派な松の木がありました。赤松でしょうか。
秋桜が庭一面に咲きほころんでいました。
毎年繰り返して咲いているのでしょう。
柏倉家住宅を後にして、9時30分過ぎ、岡文化交流センターの十字路に来ました。
案内書に出ていました酒屋さんがあり、その先には御朱印所がありました。 同じ石川さんでした。
観音堂の境内に来ました。鐘楼の脇には石碑がありました。 
             ↑                  鳥居と山門                      観音堂
山門にはお相撲さんを思わせる仁王像が迎えていました。 ここの仁王像も阿吽の形ですね。
                                   きれいな五色の幕に五色のりぼん
                                青は、仏陀の頭髪の色で「定根」をあらわします。
                                黄は、仏陀の身体の色で「金剛」をあらわします。
                                赤は、仏陀の血液の色で「精進」をあらわします。
                                白は、仏陀の歯の色で「清浄」をあらわします。
                                橙は、仏陀の袈裟の色で「忍辱」をあらわします。
                                残りの色は、「輝き」をあらわします。
  
お参りが済むと子どもたちの声がしてきました。
ここにも太神宮と湯殿山の石仏がありました。 子どもたちは観音堂を調べていました。 担任の先生とお話することができました。
地元の人が車でお参りに来ました。
この先狭くても国道458号線なんです。