3日目 その2
平成20年9月15日

山形地方気象台 最高気温25.5℃ 最低気温16.4℃ 曇り一時晴れ

カウンター

(八番札所〜九番札所)


8時20分過ぎ市立第六小のバス停を発車したバスに向かって手を振ったら、運転手さんが気付きバスは止まりました。
お陰様でバスに乗ることができました。次のバスまでは20分以上待たなければ来ませんので、親切な運転手さんに助かりました。
112号線羽越街道は国道13号線を越すと、267号線羽越街道となりました。
8時40分 表蔵王口に着きました。 次のバスの時刻を確かめて歩き始めました。
上山方面に対して左に曲がり、蔵王ライン21号線の坂道を上っていきました。  地図に出ていた半郷公會堂の石柱がありました。
     聖徳太子堂  弘法大師  摩利支天         金華山(山形市まで金華山講が広まっていた)      湯殿山           
         石仏群                           8時55分 観音堂への入り口に着きました。
松尾山 御朱印所に納経帳とお軸を預けて 観音堂への山道を上っていきました。      
坂道を上がっていくと、最後に石段がありました。
9時5分 石段を登り切り左を見ると、観音堂が見えました。 茅葺きの端正な屋根の観音堂に驚きました。
大きなカツラの木がありました。 阿吽の狛犬が迎えていました。
           三界萬霊等                       不動明王                        馬頭観世音
 仏様の名前が分かりませんでした。茅葺きの屋根は、10年に一度葺き替えるそうですが、まだ葺き替えたばかりでした。
茅葺きの屋根の葺き替えも、年々材料の萱の入手と人手が難しくなってきたとのことでした。
        旧松應寺観音堂                   松尾山の扁額                   観音様の手に結ばれています
萱がこんなにも厚くなっていました。     コンパクトな鐘が吊り下げられてました。
松尾山のヒガンザクラとカツラの木がとても大きかったです。
                                      ヒガンザクラとカツラの木                      
        青空に聳えるカツラの木                 地元の人でしょうかお参りに見えました。
庚申塔 常夜燈 御朱印所に預けた納経帳とお軸をいただきました。 
9時35分  松尾山前のバス停より先ほどのバス停まで歩きました。
10時頃 267号線羽越街道にあります表蔵王口の停留所にバスがやってきました。 次の十番札所上山観音へ向かいました。