1日目 その2
平成20年9月13日

山形地方気象台 最高気温23.9℃ 最低気温18.5℃ 雨時々曇り

カウンター

(一番札所〜二番札所)

12時10分に若松寺を出て山を下りました。天童市街に向かう道から左に曲がり、13時山を左手に見ながらひたすら歩きました。
13時15分 ラフランスを間近に見ているとおなかがとたんに空いてきました。
13時20分  土俵のある立派な津山小学校に着きました。雨で運動会が中止になったようでした。
教室からは、子供たちの声が聞こえ、校庭にはテントがたたんでありました。あいにくの雨でした。
13時25分 倉津川にかかる貫津橋(あくつばし)を渡りました。
貫津橋あたりの雨の風景です。一面果樹園です。
13時30分 下貫津のバス停に   13時35分 勢至堂鳥居前バス停    勢至菩薩のお堂 
              旧家              13時42分 貫津南のバス停    ようやっとラーメン屋さんを見つけました。
14時30分 ラーメンを食べて元気を取り戻し、出発しました。 
14時37分  徳正寺の角に古い石柱がありました。 是ヨリ東奈良澤  東○○梅碑 安政三年(1856)
果樹がたわわに実っている中を歩きました。
芭蕉の句碑を探しましたが、見つかりませんでした。  時間を大きくロスしました。
15時 元の道279号線に戻り、111号線(山寺街道)との交差点にようやっと来ました。 小さな祠がありました。
15時10分 山寺街道は、奥の細道フルーツラインで観光果樹園が軒並み続いています。   
今野観光果樹園より家にブドウとラ・フランスを送りました。 15時半上荻野戸の板碑右愛染明王と左は不明ですが地元では庚申塔と
       湯殿山大権現                         ↑
               上とても大きな石の大神宮と湯殿山           ↑ 天保十五年
             金華山                    大きな石碑が三基並んでいるととても壮観でした。
          ↑          15時33分 少し歩くと道標(みちしるべ)がありました。 古道の分岐点にあった追分碑です。
15時40分 上荻野戸のバス停 あたりはリンゴだらけです。
15時50分  天童温泉からの道との交差点に来ました。
16時 ようやっと山寺への道(19号線)に来ました。 向こうの山間には白い雲がきれいに流れていました。
   16時10分   十八夜塔(東北地方に多くあるそうです)
16時14分  ここにも十八夜塔がありました。
                 16時23分  もう山寺です。長かった道のりでした。                     ↑
    有名な立石寺です。相当山の上にありました。  最上二番札所はまだ先です。 16時37分仙山線のガードをくぐりました。
                              16時46分観音様の幟が見えてきました。  あとわずかです。
              最上三十三所第二番霊所 山寺・千手院に着きました。           ↑
石段を上がるとそこは仙山線の線路でした。  ビックリしました。  左は山形へ、右は仙台へ
線路を越えると石段があり、一歩一歩踏みしめ観音堂へ上がりました。
回向柱と結ばれた五色が鮮やかでした。
雨上がりの観音堂はどことなく落ち着いていました。
若松観音から歩いてきたと話したら、御朱印所の方からお茶とおみくじせんべいをいただきました。小吉でした。
この線路を跨ぎました。
この鳥居の右の柱に抱きつくと・・・・、左の柱に抱きつくと・・・・。
上って来るときには気が付きませんでしたが、面白い地層がありました。
駅の前の橋を渡って山寺駅に急ぎました。
ホームから見た立石寺です。山形へ行く電車に間に合いました。 今日は雨の中よく歩きました。 約20qでした。